本文へ移動

認定支援機関による経営改善計画策定支援事業について

  経営改善に取り組む事業者が「経営改善計画」を策定する際に専門家に依頼する費用について補助をする施策です。
 経営改善に取り組む中小企業・小規模事業者を対象として、中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律に基づく経営革新等支援機関(認定支援機関)が中小企業・小規模事業者の依頼を受けて経営改善計画策定支援を行うことにより、中小企業・小規模事業者の経営改善・事業再生を促進します。
 条件変更などの金融支援が必要な中小企業・小規模事業者が、国の認定を受けた認定支援機関(認定経営革新等支援機関)の支援を受けて経営改善計画を策定する場合、経営改善計画策定支援に要する費用について、国から総額の2/3(上限200万円)まで支援が受けられる制度です。
 
  認定支援機関による経営改善計画策定支援事業(中小企業庁HP)

「認定支援機関による経営改善計画策定支援事業」に係る補助事業

 当協会では、国の支援事業に呼応し、費用の最大1/6(ただし1社あたり最大10万円)を負担する補助事業を行っています。
 
 
0
4
4
6
4
7
TOPへ戻る