山口県信用保証協会の概要

プロフィール

(平成29年4月1日現在)
根拠法律
信用保証協会法(昭和28年8月10日法律第196号)
設立
昭和23年12月15日(設立認可)
基本財産
207億円
保証債務残高
2,252億円
利用企業数
13,552企業
役職員数
92名(常勤役員5名、職員87名)
事業所
本店、6支店
会社法人等番号
2500-05-000539

当協会の歩み

(平成29年4月1日現在)
昭和23年12月15日
社団法人山口県信用保証協会設立認可
昭和24年 1月14日
社団法人山口県信用保証協会業務開始
(於 旧小郡町下郷1118番地山口銀行小郡支店内)
昭和25年 3月23日
財団法人山口県信用保証協会設立認可
昭和25年 5月 1日
財団法人山口県信用保証協会業務開始
昭和27年10月 8日
本所事務所を山口市米屋町へ移転
昭和28年 8月10日
信用保証協会法公布・施行
昭和29年 3月12日
信用保証協会法による信用保証協会へ組織変更
昭和29年12月 1日
下関支所設置
昭和31年 4月 2日
徳山支所設置
昭和32年10月11日
萩支所設置
昭和34年11月 2日
柳井支所設置
昭和34年11月 2日
岩国支所設置
昭和35年 4月 1日
宇部支所設置
昭和40年11月 1日
本所事務所を山口市東白石へ移転
昭和53年 4月 4日
本所事務所を山口市中央四丁目へ移転
平成 3年 5月20日
徳山支店を徳山市緑町へ移転
平成13年10月 1日
本所・支所を本店・支店に名称変更
平成15年 4月21日
徳山支店を周南支店に名称変更
平成18年 4月 3日
柳井支店を柳井市中央二丁目へ移転
平成19年 9月 3日
萩支店を萩市大字唐樋町へ移転
今日にいたる

基本理念

私たちは
 ゆたかな人間性とあらゆる可能性をもとめ
あたらしい価値と信用の創造をつうじ
 頼りがいのあるパートナーとして
地域社会とともに歩みます

シンボルマーク

 当協会の業務は、人と組織とのコミュニケーションが主題です。この『円滑なコミュニケーション』を表現するために、シンボルマークの形状の基本は楕円形となっています。
 三本の斜線は、山口県にゆかりのある毛利藩に伝わる『三矢の教え』にあやかり、『中小企業』を中心に、『金融機関』、『山口県信用保証協会』を表しています。同時に、それはお互いの円滑なコミュニケーションを意味し、さらに未来に向かって飛躍する姿を表現しています。
 テーマカラーの『山口県信用保証協会グリーン』は、自然豊かな山口県をイメージし、地域社会に潤いを与え、爽やかな『山口県信用保証協会』を表現しています。