経営自己診断システムのご案内

経営自己診断システムは独立行政法人中小企業基盤整備機構により運営されたサイトです。自社の財務データを入力するだけで、即時に財務状況と経営危険度を把握できるシステムです。本システムは、一般社団法人CRD協会に蓄積されている約150万社以上の中小企業の財務データを用いて構築されています。
本システムご利用のメリット
本システムに貴社の決算情報を入力すると、CRDに蓄積された同業他社の大量データ(各業種について数千社~数万社の同業他社データを保有)と比較することができるため、業界の中での貴社の各財務指標値の優劣を点検することができるほか、収益性、効率性、生産性、安全性、成長性の5項目について経営状態を点検することができます。
安全性指標を取り出して、同業者のデフォルト企業(倒産や借入金の延滞などにより債務不履行に陥った企業の総称)と比較することで、経営の危険度について点検することができます。
 
 
 
経営自己診断システムへはこちらから
 
http://k-sindan.smrj.go.jp/crd/servlet/diagnosis.CRD_0100
      (これより先は外部のサイトになります。)